media

ミーレとガゲナウの食洗機の違いとは

Lifestyle

MIELE



GAGGENAU



ミーレとガゲナウはどちらもドイツの一流家電ブランドであり、キッチンにこだわりを持つお客様であれば、海外食洗機はこちらの2社で検討される方は少なくありません。


その理由として海外食洗機は国産のものと比較すると、容量が非常に大きく、高い洗浄能力が魅力的です。さらに、国産のものよりお値段が少しお高めですが、およそ20年間使用できると想定されています。従って、長い目で見ると取り換えなどの必要がないので、初期投資をすることにより実はお安くなるのです。


ポーゲンポールではお客様のライフスタイルやお好みに合わせた家電をお選びいただきたい為、ミーレとガゲナウの基本的な違いをご説明させていただきます。


デザイン



白を基調とした清潔感のあるミーレの食洗機は女性に特に人気があり、エレガントなデザインが特徴的です。


ガゲナウはシックで高級感のあるステンレスが印象的で「重厚感のあるムーディーな雰囲気」を求めるお客様に人気があります。


外見


ミーレの食洗機は扉全面に、パネルを取り付けることができます。



ガゲナウは食洗機が閉じている状態でも、ロゴが見えるデザインです。



バスケットデザイン


ミーレ:白とシルバーステンレス



ガゲナウ:グレートシルバーステンレス



種類


ミーレの食洗機は20機種にもおよび、選択肢が多いのもメリットの1つです。ガゲナウはシンプルで計算し尽くしたデザイン性が認められており、現在は4機種のみしか販売しておりません。


機能性


ミーレとガゲナウはどちらもエコであることが重視されているので、最低限の消費エネルギーで環境に優しいという考えが魅力的です。日本の食洗機と違い、乾燥機はどちらもついていませんが、高温で洗浄した後の「余熱により乾燥」することができます。




乾燥機


ミーレの場合、プログラムが終了後「オートオープン」機能がついており、ドアが自動的に開くので、庫内の蒸気を逃して効率よくグラスや食器の乾燥を促進し、素早くクールダウンします。


ガゲナウはエクストラドライ機能がついており、全ての機種にはないのですが、ゼオライトテクノロジー(湿気を吸収しつつ発熱する鉱物)を使い、乾燥時に湿風を出すだけではなく、水の温度を上げる補助も行います。


どちらも、高温で洗浄するのでグラスや食器はピカピカになります。


ミーレとガゲナウの食洗機の違いの説明は以上となります。ご参考いただければ幸いです。


またご不明点やご質問などがございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。